2019-2020シーズン
中国シクロクロス第5戦 岡山県井原市葡萄浪漫館(ぶどうシクロクロス)要項
1 大会構成
大会名称  AJOCC 中国シクロクロス第5戦 岡山県井原市 葡萄浪漫館
主  催   中国シクロクロス実行委員会
運  営   岡山県サイクルスポーツ協議会
後  援   井原市 葡萄浪漫館
協  力 BICYCLE PRO SHOP なかやま(機材協力)
なんば建築工房(機材協力)
大会場所  岡山県井原市青野町3535-3 「葡萄浪漫館」

大会期日  2020年3月1日
募集締切  2020年2月16日(日)
コース図
オカヤマシクロクロスコース図CK以外
オカヤマシクロクロスコース図CK

2 競技規則等
本大会は、2019年版JCF競技規則、及び中国シクロクロス特別規則を準用。
決定事項は大会WEBページならびに当日のコミュニケにて周知。

3 カテゴリー
初めて参加される男性は中学生の男性の場合「C4」、若年層は「U17」「U15」の年齢別も
選択できる。40歳以上であれば「CM3」も選択することも出来る。
女性は「CL2」にエントリー願う。
年齢条件に関しまして、2020年12月31日時点での年齢。小学生以下のみレース参加
時点での学年とする。
中国シクロクロスではCL3カテゴリーは実施していない。中国シクロクロス以外の地域からの参加のCL3カテゴリーの方はCL2のレースに参加できる。
その場合カテゴリー変更はしない。

1)C1  ¥4,000
【競技時間】60分
【参加資格】19歳以上の男性、JCF競技者登録者
AJOCCカテゴリー・C1資格者

2)C2  ¥4,000
【競技時間】40分
【参加資格】17歳以上の男性、JCF競技者登録者
AJOCCカテゴリー・C2資格者

3)C3  ¥4,000
【競技時間】30分
【参加資格】15歳以上の男性、JCF競技者登録推奨
AJOCCカテゴリー・C3資格者

4)C4  ¥4,000
【競技時間】30分
【参加資格】中学生以上の男性、
AJOCCカテゴリー・C4資格者、またはAJOCC加盟大会初参加の方

5)CM1 ¥4,000
【競技時間】40分
【参加資格】40歳以上の男性、JCF競技者登録者、2019-2020シーズンマスターズ登録
AJOCCカテゴリー・CM1資格者

6)CM2 ¥4,000
【競技時間】30分
【参加資格】40歳以上の男性、2019-2020シーズンマスターズ登録
AJOCCカテゴリー・CM2資格者

7)CM3 ¥4,000
【競技時間】30分
【参加資格】40歳以上の男性、2019-2020シーズンマスターズ登録
AJOCCカテゴリー・CM3資格者

8)CL1 ¥4,000
【競技時間】40分
【参加資格】女性、JCF競技者登録者
AJOCCカテゴリー・CL1資格者

9)CL2  ¥4,000
【競技時間】30分
【参加資格】女性、JCF競技者登録推奨
AJOCCカテゴリー・CL2資格者、またはAJOCC加盟大会に初参加の方

10)ジュニア   ¥4,000
【競技時間】40分
【参加資格】2002〜2003年生まれの男性、
AJOCCカテゴリー・CJ資格者

11)U17  ¥3,000
【競技時間】30分
【参加資格】2004年〜2005年生まれの男性、
AJOCCカテゴリー・U17資格者

12)U15 ¥3,000
【競技時間】30分
【参加資格】2006生まれ~中学1年生の男性、
AJOCCカテゴリー・U15資格者

13)CK3 ¥1,000
【競技時間】10分
【参加資格】小学5〜6年生の男女/ショートコースで行う

14)CK2 ¥1,000
【競技時間】10分
【参加資格】小学3〜4年生の男女/ショートコースで行う

15)CK1 ¥1,000
【競技時間】10分
【参加資格】小学1〜2年生の男女/ショートコースで行う

4 大会スケジュール タイムスケジュールを以下の様に変更する。また時差スタートについても記する。

変更になっています。コミュニケ1参照の事 下記は変更後のスケジュールです。
7:30~ 受付
8:00~8:30 試走
8:45~8:55 CK1/CK2/CK3
9:15~9:45 CL2 CM2+CM3(CM2+CM3 スタート30秒後にCL2+CL3 がスタート)
10:10~10:40 C3+C4
10:55~11:20 試走
11:40~12:20 C2 CM1 CL1(C2 スタート30秒後にCM1、CL1 がスタート)
12:40~13:40 C1

注意
C1は参加者が10人未満の場合C2と同時スタートとなる場合がある。
30分クラスの出走人数が50名を超えた場合タイムスケジュールの大幅な変更が
有る場合があるので十分注意をお願いする。
当日の天候や交通事情によりスケジュールが変更になることがある。
変更がある場合には大会前までにコミュニケにて発表する。

5 表 彰
1位から3位を表彰する。

7 ペナルティー
違反内容協議の上UCIペナルティーリストが準用される。

8 計測・周回
1)計測はタグ(発信器)にて計測し、識別のためボディーゼッケンを取り付けて行う。
2)ボディーゼッケンを取付ける。取り付け位置はコミュニケボードにて周知とする。
3)各クラス共周回遅れは、先頭ゴール後新たに周回に入ることが出来ない。
その場合着順は周回数差によって表記され、DNF扱いにしない。
また80パーセントルールは適用しない。
周回数は先頭のラップタイムを元にレース中に発表する。残り周回数は周回板を見て
各自確認すること。

4)計測ポイント周辺をタグを付けた自転車やアンクルバンドタグを
装着したまま通ると、計測システムが検知してしまい、特に
レース中は誤った計測を引き起こす可能性が大きくなる。
計測ポイントには表示やコーステープ等で表示を行っていいるので、
タグを外す等の徹底をお願いする。

9 車両規定
1)C1 C2 CM1 CL1 CJカテゴリーに於いては、JCF/UCI競技規則を遵守のこと。
2)上記以外、その他カテゴリーにおいてはシクロクロス車、MTB車等競技に耐える
各自で整備された自転車を使用のこと。
3)CK1、CK2、CK3(小学生)クラスにおいては補助輪付きの自転車で出走することは
認められない。必ず外すこと。

10 服装規定
1)ユニホームは所属チームのものか、無地のものを着用のこと。
(C1 C2 CM1 CL1 CJカテゴリーにおいてはJCF規定に基づく物を着用)
2)アームウォーマー、レッグウォーマーは着用可とする、
ただしノースリーブおよびコンプレッションタイプの衣類は認めない。
3)ヘルメットはJCF公認されたものを正しく着装すること、また強く衝撃を受けた物は
使用出来ない。グローブは着用すること。

11 異議申し立て
異議申し立ては受け付けない。

12 その他
1)大会役員・係員等の指示に従ってください。従わない場合は出走停止リザルト剥奪等を行う。
2)競技内容は参加人数や運営上都合により変更することがある。
3)重要な変更は受付付近のコミュニケボード(公式掲示板)にて発表するので
全員必ず確認すること。
4)天候の急変、重大事故が発生した場合等、競技続行不可能と判断した場合は
競技中、競技前に関わらず競技を中止にする。その場合でも参加費の返却は行わない。
5)試走は受付を済ませ、タグ(発信器)、ゼッケンを着用した選手のみが所定の時間内のみ
行える。試走時はコース内に競技役員等が作業中の場合もありますので注意し走行願う。
6)大会会場内は直火厳禁。喫煙は所定の場所以外では出来ない。
7)レース中、自分のピットサポーターがいるピット場所以外での物品の投棄は
ペナルティ対象になる。(物品には自転車部品等も含まれる。ピット内に於いても使用前と同様に全ての物を持ち帰ること。)
8)飲酒による出走、ピットサポートを禁ずる。
9)大会開催中に於ける画像・映像・音声等、参加者は肖像権等が、主催者にある事を
承諾したものとみなす。
個人で撮影された、写真、動画の使用は個人判断に委ねるが、常識の範囲で使用を
お願いする。但し、主催者はそれらの写真、動画には責任を負わない。
10)大会会場周辺の公道で競技用自転車を走行させる場合は道交法を遵守する事。
(自転車のベル装着等)
11)ゴミは会場に投棄せず、各自で持ち帰り処分を厳守願う。
12)大会会場における盗難・障害等の事故・事件等は各自の責任とする。
13)コースオープンは大会当日のみ。大会前日の試走は行わない。
14)マスターズクラスへのシーズン途中の変更は認められない。また通常クラスへ戻ることも
シーズン途中には認められない。
13)エントリー受付後にAJOCCカテゴリーの昇格があった場合は最新のカテゴリーに変更して
出走とする。
14)スタート順のシードはコミュニケにて告知とする。
15)MTB車で参加できるカテゴリーの場合、MTB車は招集順に関係なく最後尾となる。
16)召集に遅れた場合は最後尾からのスタートとし、指定場所以外からコース内に
立ち入ることを禁じる。
17)競技中選手は無線および映像の通信利用を禁ずる
18)アクションカメラについて自転車本体への装着に限り可とする。
取付位置はハンドルの下側の部位に限定する。尚、形状が鋭利、車体から極端に
はみ出している等、危険と判断した場合は取り外しを指示する。
尚、取り付けて出走される際は、受付時に申し出をお願いする。
19)試走時はタグ、ゼッケン等を着用して試走をお願いする。
20)競技中における負傷疾病等については、大会救護部に於いて救急初期手当は行うが
治療に関しては参加者の責任とする。救急搬送に伴い医療機関での治療を
受けるためにも健康保険証を必ず持参する事。
外部救急搬送の場合、付き添いが必要になる。
但し弊協議会スタッフが付き添い対応は出来かねるので、参加者同士、応援者等にて
対応を決める等の事前準備をお願いする。
21)弊協議会では全ての大会で下記の傷害保険に加入していますが、
この補償内容以上の補償は致し兼ねますので、不足とおもわれる方は各自で対応を
お願いする。
保障内容(通院 2,000円/日  入院 3,000円/日  死亡.後遺傷害 600万円)

13 申込方法、問い合わせ先
1)申込方法
スポナビDo・・・ https://dosports.yahoo-net.jp/
2)中国シクロクロスの競技要綱や選手情報に関する事
競技要綱、お申込に関する問い合わせ
中国シクロクロスHP・・・ http://tyugokucx.info/
AJOCCのHP・・・ http://www.cyclocross.jp/

3)岡山シクロクロスに関するコミュニケの公開先
・岡山シクロクロスブログ
https://okayamacx.hatenablog.com/
岡山県サイクルスポーツ協議会のホームページにバナーが掲載されています。
そちらからでも岡山シクロクロスブログを閲覧できます。
http://okayama-cycle.com/
4)岡山シクロクロスの実施要項に関しての問い合わせ先
・Mail:hana225102@ybb.ne.jp  TEL:090-8069‐5222(担当:冨久)